スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
『眉山』見てきました。
http://bizan-movie.jp/index.htmltitle.jpg


 先日、映画『眉山』を見てきました。昔から大沢たかおという俳優さんが好きで(LOVEではありませんので念のため(笑))、『解夏』以来のさだまさし原作映画ということで足取り軽く映画館へ向かいました。
 
期待どうり映像が非常に美しく、人間模様も丁寧に描写されていたと思います。しかし今回もっと大きなおみやげをもらえました!
 今私は、来年公演予定のあったか演劇研究会8期生の脚本を書かせていただいているのですが(とはいっても素人の学園祭レベルですけど・・・)そのイメージが『眉山』の阿波踊りのエンディングシーンから一気に広がりました。
 
演劇の題材は鎌倉時代の僧、親鸞聖人を取り上げましたので非常に重く考えていたのですが、スクリーンの阿波踊りのすさまじいほどのエネルギー(エキストラ2万人以上!)を見せつけられたときに、人間の内なる鼓動、言葉を超えた世界、日本人が祭りに込めてきた見えない存在に対する畏敬心が伝わってきて震えました。皆さんも機会を作って是非見に行ってみてください。
 
 今日5月21日は親鸞聖人の誕生日とお聞きしました。いい脚本が出来るといいなぁ・・・。100日こもってガンバろっと。


スポンサーサイト
【2007/05/21 19:54 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<メモリアルソングコンサート大盛況! | ホーム | 『あったかファミリー第一水曜日だよ全員集合!』感動の閉幕!>>
コメント
踊りは生命!生きてることの喜びの表現!
ことばじゃないですよね
阿波踊りもそうですが、辛く大変な時代ほど大衆から力強い踊りが生み出されてくるんですよね。

平成の大変な世の中
だいびしゃもんサマはどんな踊りをあなたの芝居の中で表現してゆきますか?
しっかりみつめてね

とっても楽しみにしています♪
【2007/05/24 08:40】| URL | 踊り子 #- [ 編集 ]
休憩
ちょっと(-。-)y-゜゜゜。ティータイム
僕は、癌になったり目が見えなくなったり病に犯される暗いストーリーは嫌いです。_(._.)_
ですから、松島菜々子が好きでも、「眉山」を観ることが出来ません。
逆に家内はその手のドラマが好きです。夫婦不一致です。
忙しいので、仕事をします。
【2007/05/24 16:14】| URL | 中年サラリーマン #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。